書籍情報

華婿選びは禁断のハーレムでⅡ【書下ろし】

華婿選びは禁断のハーレムでⅡ【書下ろし】

著者:苑生アヤ

イラスト:石丸博子

発売年月日:2015年05月29日

定価:972円(本体900円+税)

東北地方の旧家・鹿目家の一人娘、鹿目(かのめ)沙(さ)弥子(やこ)は、未来の夫選びの真っ最中。分家の長男・弦木(つるぎ)惣(そう)介(すけ)と政治家の息子・安齋(あんざい)景(けい)吾(ご)。二人のうちどちらかを選ばなければならないのだが、沙(さ)弥子(やこ)の気持ちは世話係の弦(つる)木(ぎ)貴(たか)臣(おみ)に。すでに貴臣と結ばれているのに、婿候補の二人のアプローに沙(さ)弥子(やこ)は翻弄される。そしていよいよ婿選び決定の日、沙(さ)弥子(やこ)の下した判断は…。

この本を買った人はこんな本も買ってます!

お取扱店

登場人物

◆弦木貴臣(ツルギ タカオミ)
沙弥子の世話係を務める27歳の優秀な男。弦木家の二男だが、愛人の子ということで沙弥子と結婚することは許されていない。
◆鹿目沙弥子(カノメ サヤコ)
東北地方の名家、鹿目家の一人娘。高校3年生。艶やかな黒髪と白い肌で人形の様な美貌を持つ。良くも悪くも純粋培養のため、男女の関係については疎い。

立ち読み

お取扱店