彼はニュースキャスター!後編【第三話配信】

【第三話】

彼はニュースキャスター!~TL小説編集者の私~ 後編

 

著作:如月一花 illustrator:龍 胡伯

 

第3話

カタカタ、カタカタ。

静かにパソコンを叩く音を聞きながら、加奈は原稿に赤字を入れていた。

穏やか過ぎる職場は、今日も特に何もない。

以前の旅行雑誌の部署では、発売と同時に次の取材に行く手配をして、日本中を駆け巡っていた。

各地の名産品を探し、写真映えするスポットを撮影日ギリギリまで見つけ、そして現地の人しか知らないような名店も発掘する。

体がふたつあれば良いと思うくらい、目まぐるしい日々だったのだ。

それに比べて、こちらの部署は基本的に椅子から離れない。

原稿と睨めっこして、新作が出る時は慌ただしくなるものの、落ち着いていることが多い。

その新作も、まだ同じ月に二冊程度しか出していないので、焦りを感じることもなかった。

以前締め切りが過ぎたことがあったそうだが、来月に発売して無事に帳尻を合わせたとか。

その点でも、雑誌とは違う。

毎月毎月、五日発売だった旅行雑誌は、その日に発売できなければ大ごとになる。

しかも、会社の看板雑誌な為、遅れたら会社全体の沽券にかかわる。

そこからも、会社内でのTL小説の立場がうかがい知れる。

ようは急ぐほどの期待を受けていないのだ。

とはいえ、加奈は限界にきていた。

どうしてこんなに動かないのだろうと。

(飽きてきた……。みんな黙ってゲラの原稿読んだりしてるけど、外に出たりしないのかな。ここの人はもう慣れてるんだ)

加奈は周りを見回して肩を落とす。

それまで動き回ることが好きだったせいか、原稿と睨めっこして、作品に赤字を入れて指摘するのは難しいことでもあった。

へんに間違いを指摘して、作家が拗ねたら大変だからだ。

その点、自分たちで記事を書いたりライターに記事を任せたりしてしまう雑誌は、誤字脱字のチェックをするだけで良いので、原稿に長時間束縛されることもない。

そしてさらに問題なのは、今加奈が担当している作家が、自分で全く見直しをしないで初稿を送ってくることだった。

そこら中に誤字脱字があるし、内容で齟齬が発生している。

もう少し見直しを丁寧にして欲しいと思うが、編集長の片桐(かたぎり)いわく、その人は忙しいので無理にお願いできないとのこと。

加奈はたっぷりの赤字を見て、ため息を吐いた。

(こういうの得意じゃない私でも赤字だらけなのに、他の人が担当してたらどうなってるんだろ)

肩を落として、片桐に思わず声をかける。

「この作家さんに、一度で良いから見直して欲しいとメールを送っても良いでしょうか?」

「できれば避けてほしいけど。機嫌損ねて、他社に行くなんて言われたら大変だもの」

「そうですけど、私が見ても真っ赤ですよ?」

「そうねえ。じゃあ私から伝えるわ。少しでも波風立たないようにしたいから」

言われて、腑に落ちないものを感じる。

担当は加奈なのに、肝心の要求やお願いは片桐がするなんて、お飾りの担当者みたいだ。

それでなくても、成果を残したいと躍起になっているのに、片桐はどこか加奈を一人前と見ていないようなところがある。

「私がメールを打つと怒るでしょうか?」

「念の為よ。私から言われたとなれば、向こうも一回くらいは見直しするでしょう?」

「はあ……そうですね」

加奈はしょぼんと肩を落とす。

(担当は私なのに。この作家さんの悪い癖を見つけたのも私。それなのに、どうして)

加奈はもどかしい思いでいっぱいになる。

この作家はその癖を直せば、もっともっと売れる作家になると思ったのだ。

編集者の手を煩わせることがないようにすれば、もっと声がかかるだろう。

せっかく担当になったのだから、責任を持ってそこは教えて、才能を伸ばしてあげたい。

けれど、まるで煙たいものに触れるみたいだった。

「水瀬さん、むくれちゃって。初めての担当だものね?」

いきなり片桐に言われて、加奈は顔をあげた。

するといつの間にか横に立っていて、加奈は驚いて身を竦める。

「あの、すみません」

「良いのよ。やる気があるのって嬉しいから。それならあなたがメールしてみたら。語弊がありそうなら、電話でもいいし」

「でも、怒らせてしまったら」

「まあ、大体は大丈夫だと思うけど。言葉は慎重に選んでね」

「分かりました」

加奈は先方の作家との打ち合わせを思い出す。

気さくに話して、話も弾んだ。

指摘されたくらいで怒るとは思えないが、書き方には気をつけようと決める。

打ち合わせの段階でかなりノリの良い作家さんだとは思っていた。

それが文章にも表れていて、勢いで書いているのが分かる。

もう少しきちんと見直して文章のアラがなくなれば、もっと楽しい話になると思うのだ。

加奈はメールを開くと、作家にメールを送った。

 

『お世話になっております。

お忙しいところ申し訳ありません。

頂いた初稿ですが、もう少し見直しをして頂けると助かります。

その方が先生の文章も格段に良くなると思いますので、ぜひ、一度でも目をしっかり通して頂ければ幸いです』

 

(こんな感じで大丈夫だよね。顔も合わせてることだし)

加奈はメールを送信する。

すると思ったよりすぐに返事が返ってきた。

あまりの早さに驚きつつメールを開いて、加奈は目を丸くした。

 

『お世話になっております。

編集長から聞いてないでしょうか。

事情がありまして、見直しがうまく出来ない状況にあります。

それに、そもそも私は見直しが下手なのです。

これでも三回くらいは見直しをしているのですが、それでも手間を取らせているようでしたら、作品を引き下げます』

 

加奈は青ざめた。

この文面によれば、片桐は見直しがうまく出来ないことを知っていた。

だがそのことには触れてくれなかったし、メールを送ることも許可してくれた。

加奈に気を使ってくれたのかもしれないが、結果として作家の機嫌を損ねてしまっている。

こんなことなら、メールを送らない方が良かったのではないか。

加奈が作品を引き下げるという文言にドキドキしていると、片桐がいつの間にか後ろにいた。

「このメール、鵜呑みにしてる?」

「え? どういうことですか?」

「私がそのこと知っていたら、ちゃんと話すでしょう? 噂通り、ゴネるのが得意な作家さんね」

「ゴネる……」

加奈は何がなんだか分からなくなってきた。

 

 

(第四話へ続く)

 

第四話の配信は2/17予定

 

 

 

関連記事一覧
Related Post