カタブツ年下公爵は引きこもり淑女を溺愛する【第二話】

第二話

著作 ひなた翠  Illustration 龍 胡伯

第2話

 

ルーカスの意思は固い。どれだけ困った顔をしたところで、気が変わる気配が一切ない。だからといって説得するにも思考力は足りなくて――折れたソフィアは、ルーカスの腕から手をゆっくりと離した。

承諾を得たことで、ルーカスは嬉々としてソフィアの夜着を脱がした。心の準備もままならない状態で裸となり、羞恥心と一緒に胸と下腹部を両手で隠すソフィアに、満足げな顔のルーカスは優しくその手に触れる。

「隠さないで見せて」

「ルーカス様も一緒に脱いでくださったら……」

(一人だけ裸なのは嫌です)

「わかった」

ルーカスは身体を一度起こすと、自らの夜着を脱いでベッド下に落とした。先に脱がしたソフィアの夜着の上に、ふわりと重なった。

「脱いだよ?」

ほら、手を外してと言わんばかりの表情を彼にされては、ソフィアも従うしかない。約束は約束だ、何度も駄々をこねるわけにもいかない。ソフィアは隠している部分を露わにして、橙に染まった顔を反らした。

「やっぱり恥ずかしい」

「綺麗だよ。もっと見たい。見せてほしい」

(綺麗? 私が?)

ソフィアはルーカスの言葉を反芻した。

すると、ルーカスが優しく抱きしめてきて、首筋に優しく口づけをする。

「……んっ、あ」

彼の優しいキスは鎖骨から胸の頂まで続き、さっきよりも硬く尖った先端を甘噛みした。

軽い痺れがソフィアの身体に走る。甘い疼きを腹の奥で感じつつ、ベッドに座る態勢があっという間に崩れ、横になった。

「下もいい?」

「下……ですか?」

「ここ」

固く閉じていたソフィアの秘所を長い指先でさした。

「足を広げて」

「こう、ですか?」

「もっと」

ソフィアは膝を掴まれて、ぐいっと足を広げられる。

「待って! ここはっ……」

(他人に見せるようなところではないはず!)

慌てて秘部を手で覆い隠す。

他人の前で足を広げるのは下品だと教わっているソフィアには、ルーカスの行為に軽くパニックを起こす。

そんな彼女に、なだめるようにしてルーカスは言い聞かせた。

「夫の前だけならいいんだ。ここを広げてくれないと、俺はソフィアを抱けない」

「そうなんですか?」

「最初は痛いかもしれない。できるだけ痛くしないように努力はするけど……我慢できないようだったら教えて?」

「……はい」

ソフィアの返事を聞いてから、ルーカスの指が動いた。

誰にも見せたことも、触られたこともない繁みの奥に指が入っていく。くちゅっと水音がすると、初めての刺激に背中が弓なりに反った。

「ああっ、んぅ」

「痛くない?」

「痛くは、んんっ、ないです……あっ、指、動いて……あっ、あ、んっ」

ナカで指が動き出すのがわかる。ゆっくりと内壁が擦られるたび、感じたことのない感覚に腰が捻じれてしまう。

何度も擦られてナカから溢れ出す何かが、ソフィアの太腿を濡らしていく。ぐちゅぐちゅと指が動く音が卑猥で、恥ずかしさが増した。

「この音……止めてください」

ソフィアは真っ赤に染まった顔を手で隠して、ルーカスにお願いをした。

「もっと濡れないと痛いよ?」

「恥ずかしいんです」

「俺は嬉しいよ。ソフィアが感じてくれてるっていう証拠だから」

にっこりと微笑みルーカスは指を抜くどころか、もう一本増やした。

ナカが広げられる感覚に、思わずまた腰を捩ってしまう。

(おかしくなりそう)

「んぁ、あっ」

「痛くない?」

「大丈夫、です」

心配そうな表情をしながら、ルーカスがゆっくりと指二本を動かす。

(痛くないけど、変な感じ)

言葉に表せない感覚に身体が支配されているのを感じる。

彼は時間をかけて、ソフィアの膣道を解してくれた。指が三本入るころには、ソフィアの羞恥心も薄れ、強ばっていた両足からも力が抜けている。

その様子を確認したのか、ルーカスはソフィアのナカから指を引き抜いた。

「そろそろ入れてもいいかな?」

「入ってますよ?」

「指じゃなくて……」

ルーカスは言いにくそうに視線を下に落とした。ソフィアも彼が見つめる先を確かめて、「あっ」と小さく声を漏らす。

彼の男根が、天に突きあげられるようにいきり立っていたのだ。先端からは汁が零れ、びくびくしているのがわかる。

「ルーカス様の……入れてください」

「痛かったら、すぐに言ってね?」

ソフィアは静かに頷くと、彼にわからないように深呼吸をした。

指三本よりもはるかに太い剛直に、怯んでしまった心を落ち着かせたい。

大丈夫だろうか。本当に入るのだろうか?

ルーカスがソフィアの膝裏を掴み、今まで以上に大きく足を広げると、グッと蜜口に押し当てた。

「ん……ああっ、んぅ」

濡れそぼった口が開き、ルーカスの熱を受け入れていく。痛みよりも皮膚が限界まで引っ張られるのがわかった。

(ルーカス様のが熱い)

指のときよりも慎重にナカへと進んでいくのがわかる。最奥まで達したところでルーカスに求められるまま口づけを交わし、たぐり寄せるように手を繋いだ。

「ソフィア、痛くない?」

「痛くないです」

まったく痛みがないわけではないが、我慢できる痛みだ。ルーカスの幸せそうな表情を目にしたら、痛いからやめてとは言えなくなる。

多少の痛みなど無いに等しいと思えた。

「ルーカス様は、痛みはありませんか?」

「ないよ。気持ちよくて、暴発しそう」

「はい?」

「なんでもないよ。気にしないで。動くよ」

ルーカスの腰が動き出し、ソフィアの奥を突いた。

「んっ! あっ……あっ、あ、んんぅ」

より敏感になっている奥を突かれて、ソフィアは身体が震えた。

「痛い?」

「ちがっ……奥に当たると身体が勝手に……」

「ここ?」

「ああっ! んっ、あっ。駄目……奥ばかりは、ゾクゾクする」

何度か奥を突かれて、ソフィアは背中を反り返らせたまま震えた。

この感覚が気持ちいいのだろうか? お腹の奥がきゅっと締めつけられて、強い衝動から逃げたいのに、逃げると寂しくなってしまう。

「ソフィア、気持ちいい?」

「わかん、ないっ、あっ、ああっ、奥、何か……んぅ、きそう……ああっ!」

抗えない強い波にのまれたソフィアは、悲鳴のような声をあげて腰を大きく跳ねさせると痙攣を起こした。ナカが何度も収縮をして、ルーカスの大きい男根を締め付けてしまう。

そのたびに彼の眉間に皺がより、「くっ」と何かを我慢させるような声が聞こえた。

「ごめんなさい……私、急に……痛くなかったですか?」

「大丈夫だけど、大丈夫じゃないかな。ソフィアが気持ちよさそうにイッてくれたのは嬉しいけど、俺ももう余裕ない」

苦しそうな表情のルーカスが、腰の振りを速めていく。浅く早い呼吸で、さらに深く腰を打ちつける彼の声が低く呻いた。

「ソフィア」

何度も繰り返し名前を呼ぶルーカスは、ぐっと最奥まで突き上げた後、爆ぜた。それと同時に、ソフィアも一気に高みに昇りつめて、絶頂の渦に飲み込まれる。

「ああっ! ……ん、ああああっ」

強くルーカスに抱き着いて、ソフィアは真っ白になった世界を味わった。

お腹の奥に熱いモノが流れ込んでくると、幸せな感情に包まれてぐったりと四肢をベッドに投げ出した。

関連記事一覧
Related Post