異種婚秘密のベビー~メイドは獅子王に見初められ、溺愛される~【第四話配信】

【第四話】

 

著者:百門一新 イラスト:森原八鹿

 

「は、はい……」

見つめ合いぼうっとしているうちに、彼の上にまたがらせられた。

ヴィクトルがズボンの前をゆるめ、オフィーリアの尻を両手で引き寄せる。

「あ、ン」

下着越しに秘所を、トラウザーズを押し上げる固くなった男根に押しつけられた。

そこは、既に膣奥から溢れ出した愛液で湿っていた。

「恥ずかしがることはない。私も同じだ」

言われたオフィーリアは、思考を読まれていたことに余計恥じらった。滾った男の猛りの熱を感じただけで、秘部は甘く疼き、いやらしい湿り気を増す。

ヴィクトルが、オフィーリアの腰を動かし始めた。

「ふ……っ、あ……あぁ……」

ゆるゆると互いの性器を擦り合わされて、心地良い快楽が起こり始める。

じゅわりと奥から蜜がこぼれて、あっという間に下着は濡れきってしまった。柔らかな割れ目にそって、彼の固い欲望がぴたりとはまっていた。

「オフィーリア。なんて素晴らしいんだ。とても気持ちがいいよ」

感極まった息をヴィクトルが吐く。

名前を呼ばれただけで、オフィーリアも秘部が震えた。

「触れ合っているだけなのに、まるで君と繋がっているみたいだ」

彼の手に力が入る。強く性器同士を押しつけられて、オフィーリアはびくんっと背をのけぞらせた。

「あ! はぁ……っ」

ひくひくと奥が収縮を始めて、蜜壺の中がかぁっと熱くなった。

快感が高められて、頭の中まで甘く痺れてくる。

「それ、だめ、です、ああっ、熱くなって」

解された蜜口が、くちゅくちゅと不埒な音を立てるのもオフィーリアを煽った。

腰が勝手に揺れ始める。疼きが膨れ上がるたび、もっと奥を、内側に響くくらいに刺激が欲しい……と、ヴィクトルの固いモノに自分を擦りつけてしまう。

「ああ、もう我慢できない。こんなにもたまらないものだとは」

片腕で肩を抱かれて唇を奪われた。

「んっ、んんっ」

すぐに舌が侵入してきて、息を吐く暇もなく口内を味わわれる。

ヴィクトルが、急く手付きでトラウザーズからペニスを出した。オフィーリアの濡れた秘所に手を伸ばし、下着をどけて中へ指を滑り込ませる。

「んぅっ……ふ、ん、ん……っ」

ぐちゅりと浅い部分をかき混ぜられて、イきそうになる。

「まだイくのは早い」

オフィーリアが達しそうなのを察し、ヴィクトルが指を引き抜いた。

「もっと気持ちのいい方でイくといい」

興奮した吐息で囁かれ、蜜口にくちゅりと彼自身をあてられる。

「あっ、陛下――あぁぁ!」

柔らかくなった秘部は、呆気なく剛直を飲み込んだ。

体重がかかって一気に膣奥まで突き刺さる。それは強烈な快感で、オフィーリアは軽く達してしまった。

力が抜けて、ひくんっと腰をはねさせながら彼の方へ倒れ込む。

「そのまま身を預けていていい」

ヴィクトルが耳元で熱く囁き、ペニスで奥を突き上げ始めた。

「あっあ、あんっ……あぁ……あっ」

下から子宮を突き上げられ、中を擦られるオフィーリアは、体ごと揺らされて甘い声が止まらなかった。

初めて交わって感じ合った時よりも気持ちがいい。

滾った剛直が奥へと進み、そして出ていく感触にさえ快感が増す。

「君の声は、とても腰にくる」

蕩けた嬌声を聞いたヴィクトルが、嬉しそうに抽挿を速めた。

「あぁあぁ! へ、いかっ、そこ、だめぇっ」

「そうか、ここが気持ちいいんだな」

オフィーリアの反応を確認しながら、ヴィクトルの腰が乱れていく。

「あっあっ、あ、あっんん――!」

一番感じるところを執拗に打たれたオフィーリアは、またしても奥で快楽が弾けた。

子宮がぶるりと震えた。締めつける膣壁が引き続き擦られ、熱くなった最奥を突き上げられておかしくなりそうだ。

「オフィーリア」

近くでヴィクトルと目が合った。

そこには燃えるような欲情が宿っていた。強く射抜かれたオフィーリアは、彼もそろそろなのだと知った。

でも、だめだ。中にだけは――。

「あぁ陛下、どうか、ひぅっ」

ヴィクトルが両手で抱き寄せて、オフィーリアの膨らみにかぶりついた。

じんっと甘い刺激が走り抜け、中のペニスを締めつける。

「全て受け止めてくれ」

快感でまた高みに近付いた時、彼が腰の動きを更に速めてきた。

大きな絶頂が迫っている。ぶるりと子宮が震えたのを感じたオフィーリアは、頭を振って悶えた。

「あっ、あ、だめ、またイ……あっあっ……ああぁっ!」

最奥がきゅぅっと締まった瞬間、ヴィクトルが膣奥を激しく突き上げてきて、オフィーリアはたまらず達した。

同時に彼も、オフィーリアをぎゅっと抱き締めて奥へ欲望を放った。

「あぁ……熱い……奥が熱いの……」

注がれる子種の熱に、腰がはねて何度か軽く達した。押さえつけられて動けず、やがて二人の間を温かなものが流れていく。

まだ、中にあるペニスは固く滾っていた。

案の定、ゆるやかに抽挿が再開されオフィーリアは震える。

「あ、ン……だめ、もう……」

「私はまだまだ満足していないよ。正午の休憩まで、まだ時間がある」

それまで子作りをしようというのだろうか?

目を向けると、すぐにヴィクトルの熱い眼差しとぶつかった。どこか獣のような強さを宿した美しいシトリンの瞳に、乱れたオフィーリアが映っている。

「君のここもそうだ。まだまだ私を求めている」

ぐちゅりとペニスで中をかき混ぜられて、奥が強く疼く。

「ああ……は、ぁ」

気持ち良くて蕩けそうだ。

熱のこもったヴィクトルの目に、もしかしたら本当に求められているのかと錯覚を受けて、一層感じてしまった。

彼が欲情しているのは、獣人族の発情期のせいなのに。

「なんとも愛らしい、私だけの番」

「あっ――んんっ」

唇を重ね合わされ、彼が治まらない剛直で膣奥を打ってきた。

途端に何も考えられなくなる。先程二人で果てたばかりのはずなのに、すぐにまた新たな快楽の波が襲ってきた。

「オフィーリア」

キスの合間に、求めるように名を呼ばれる。

ヴィクトルが迫ってきて、気付けば押し倒されていた。

「ふぁっ、んっ、ん、んんっ」

服の胸元を開かれて、乳房を直に強く揉みしだかれながら激しく膣奥を突き上げられた。

指で固くなった先端を刺激されて、また知らない快感が起こる。異性に胸を見られ、触られている驚きと恥じらいは、快楽の波に攫われる。

――そして、またしてもオフィーリアは彼の精を受けた。

 

◇◇◇

 

それからも、ヴィクトルは毎日訪ねてきた。

王としての仕事の合間を縫ってきているのだろう。顔を出すと、あの欲情した目で短い時間オフィーリアを抱いた。

そして毎回、彼はオフィーリアの中に子種を熱く注ぎ込んだ。

いつかパタリと途切れるだろうと思っていたのに、あれからもう一週間。

「……このままじゃいけない、わよね」

オフィーリアは思い悩んでいた。

目が合うと、もうだめだった。獅子王が望めば拒めない……そして、あの目にオフィーリアは抗えなかった。

きっと今日も、ヴィクトルは来るだろう。

まさか獅子王は、私に特別な思いを……?

「いいえ、そんなはずはないわ」

もう何度目かの幻想を、オフィーリアは脳裏から振り払った。

恐らくは、みんなが望んでいた発情期が来た。それだけなのだ。

でも……オフィーリアは、獣人族のことを詳しくは知らない。

発情期に巻き込まれてしまったのですが、なんて繊細なことを相談できる先輩の女性だっていない。それが悩みどころだった。

掃除を進めながら、オフィーリアは考える。

「もう一週間だもの。ひとまず、知らなくては」

まずは、獣人族の発情期がどのくらいで収まるかを尋ねてみよう。

ただ初日以来放っておかれているので、ここでのマナーもよく分からない状態だ。

王城の使用人は、所属だけでなく階級も色々とある。

失礼になってはいけない。そう思って、まずは近くの兵に、誰に尋ねた方がいいか聞いてみることにした。

「何か確認したいことがあれば、コルネイユ様に尋ねるといいと思う」

裏口の番をしていた兵達は、悩むことなく答えてきた。

「王室や軍、お城に関わることならなんでもご存知のお方だ」

「コルネイユ様って……使用人を統括されているお方ですよね?」

予想してもいなかった身分の高い男性の名前が出て、オフィーリアは戸惑った。

王城に到着した際、一通り説明は受けた。その中で、王城の使用人達の司令塔、トップであると覚えている。

「確か、そういうことなら採用担当のアドリーヌ侍女長様にお尋ねするように、とお話を聞いた気がするのですが……」

この第三棟を管轄している第三侍女長、アドリーヌ・シャルルロット。

名家、シャルルロット伯爵の妻だ。臨時メイドの第一責任者で、王城での説明と面接でも気品に溢れた雰囲気が印象的だった。

てっきりオフィーリアは、彼女の名前が出てくると思っていた。

三人の兵達が、見つめる彼女の前で顔を見合わせる。

「実質、メイド達の教育全般を第三侍女長がみている感じかな。臨時メイドは、分からないことがあれば彼女に取り次ぐようルールもある」

「そんなルールがあるんですね。なら」

「ただ、とくに臨時メイドなら避けた方がいいお方かな、とも思うわけなんだ」

どういうことだろう。

そう思ってオフィーリアが見つめると、兵達は心配そうな顔を向けてくる。

「アドリーヌ様は、町の娘達まで城に上げるのを反対していたんだ。臨時メイドの件も、わざと教育しないつもりで引き受けたんじゃないか、て」

「ただの噂だけど、自分の娘達を王の妻に、と考えているところもあるみたいだ」

「平民にはとくに厳しいとか。オフィーリアさんも、気を付けた方がいい」

王城で他の女性達と説明を聞いた際、そんな風には感じなかった。

受け付けで事前説明を担当していた貴族の男性と違って、仕事に誠実そうな様子が印象的だった。キリリとしていて、姿勢もとても綺麗な女性だ。

けれど……、兵達にそう言われれば親切を無下にできない。

平民のオフィーリアには、かなりハードルの高い相手だが、ひとまずここはコルネイユに尋ねてみることにした。

 

〈第五話へ続く〉

異種婚秘密のベビー~メイドは獅子王に見初められ、溺愛される~【第五話配信】

関連記事一覧
Related Post