異種婚秘密のベビー~メイドは獅子王に見初められ、溺愛される~【第三話配信】

【第三話】

 

著者:百門一新 イラスト:森原八鹿

 

一章 見初めた獅子王との逢瀬

 

獅子王に抱かれてしまった。

夢だと思いたかったけれど、初めて男を受け入れたオフィーリアの秘められた場所は、しばらくじんじんと熱と痛みを持っていた。

まさか、陛下に抱かれてしまうだなんて思ってもいなかった。

突然の情事だ。ひどくなるだろうかと心配したが、一晩したら痛みは消えていた。

『初めてのことを思えば、ここまでか』

抱かれている時は、とても荒々しいとも感じた。

でも、優しくもあったように思う。最後は情事後の処理も知らないオフィーリアを、手伝ってもくれた。

もしかして、初めてであることを考えて抱いてくれていた?

私の体を案じて……?

「ううん。あのお方は、正気ではなかったのよ」

仕事にあたっていたオフィーリアは、箒を止めて頭を振った。

不運にも、発情期に遭遇してしまったに違いない。

自分のことを、熱く見据えてきた獅子王ヴィクトル。でもオフィーリアは目立った綺麗所もなく、あんな風に求められる魅力だって備わってない。

彼に見初められたなんて可能性は、ありえないだろう。

「陛下は、誰もが望んでいた発情期に入った……そこに居合わせてしまったんだわ」

王城の裏側、そして誰も訪れないこの場所。

走ってきたかのような様子でもあったし、持て余した熱に苦しんだ彼が、咄嗟に逃げ込んできた可能性も浮かぶ。

昨日、ヴィクトルは身を綺麗にするのを手伝ったのち、速やかに離れていった。名前だって聞かれなかった。

それは情事をしたとは思えない、あっさりとした別れにも感じた。冷酷な王であるというし、オフィーリアの衣服を整えてくれたのも申し訳なさがあったから?

もう次はないだろう。

幸いにして獅子王の血筋は子ができにくい。

「……さっ、今日のお仕事も頑張りましょう」

騒ぎ立てるつもりはない。このことは胸の内に留めておこうと決めて、オフィーリアは仕事へ気持ちを切り替えた。

細い道の落ち葉を集め、木々に絡む蔦の処理にとりかかる。

春の温かさでかなり育っていた蔦も、数日前よりだいぶ減って景観がすっきりしていた。

「野花を残せば、花壇代わりになるのではないかしら」

一部に集中していた黄色い野花を見て、ふと思う。

とにかく何か考えていたかった。痛みはなくとも、もう純潔ではなくなってしまったことを違和感として覚えた。

それを思うたび、獣の耳と尾を持った、美しい獅子王のことが思い出される。

振り払うようにオフィーリアは口にする。

「雑草を取ってみましょうか。ええ、それがいいわ」

時間はたっぷりあるのだ。ひとまずやってみようと考えて、手袋などの要り用なものを倉庫へ取りにいった。

黄色い野花の群は、細かい雑草が足元にびっしりとはえていた。

一つずつ抜いていく作業は、思っていた以上に大変だった。しゃがみ込んだ範囲内にあたっている間に、もう一刻が過ぎていて驚く。

「これは、一日でさくっとできる量ではないわね……」

肌が汗ばんでいるのを感じて、いったん小休憩を挟んで額の汗を拭った。

けれど心地良い達成感があった。

雑草を処理したところは、黄色い花が全体的に目立っていい感じになっていた。これを掃き掃除と同じく日課付けたい。

「午後にもう一回やりましょう」

午前中にやろうと思っていた掃除所が、もう一つ残っている。オフィーリアは道具を倉庫へと戻すと、埃払い用のブラシを取った。

建物へと上がる階段を、丁寧に掃き掃除した。

脇の段差も土埃がたまっているので、丁寧に払っていく。

その時だった。王城の建物へと続く扉が突然開いて、オフィーリアはびっくりした。振り返った途端、アクアマリンの目をこぼれんばかりに見開いた。

「ど、どうして」

動揺に揺れた彼女の瞳に、大きな男の赤味が強い茶金色の髪が映る。

そこにあった獣の耳が、声に反応してぴくっと揺れた。

「ああ、そこにいたのか」

男の太陽のようなシトリンの目が、真っすぐオフィーリアを見た。

――それは獅子王ヴィクトルだった。

美麗と思わせる容姿であるのに、通った鼻筋と男らしい精悍な目元をしている。目は知的で思慮深さがあり、改めて見ても冷酷な印象はない。

思わず見つめてしまっていると、その目が笑うように僅かに細められた。

「扉が君にあたらなくて良かった」

どこか温かい表情に驚いて、かけられた言葉にも戸惑う。

「い、いえ。当たるだなんて、全然……」

穏やかな声に驚いた。

だって獅子王は、冷酷だと言われている人のはずだから。

扉を閉めた彼の後ろで、二回ほど大きく振られた尻尾が見えた。合わせている目からも正常に思えて、よりオフィーリアの動揺は強まっていく。

「あの、なぜ陛下がここに?」

思わず口にしてしまったら、歩み寄るヴィクトルが首を傾げる。

「私の庭の一つだ。私が現われたらいけないのか?」

「いえ……」

そういうことではないのだ。

近付いてくるヴィクトルに対して、オフィーリアの足が後ろへとずれる。

初めて交わった相手と、すぐ顔を合わせて平気でいられなかった。そもそも彼は獅子王。彼女にとっては、目も合わせてはいけない雲の上のお方だ。

それなのに、ヴィクトルはこちらを見据えていた。

昨日、濃い時間を過ごしたせいだろうか。落ち着いている今の彼の目の奥に、まるで特別な熱があるかのように感じてしまう。

オフィーリアは、ハッとして慌てて顔を伏せた。

「も、申し訳ございません。使用人の身で、陛下のお顔を」

焦り謝罪を述べていると、不意に遮られた。

「よい。顔を上げよ」

普通に話しかけられて、びくっとする。

昨日は突然襲われたが、声にも落ち着きがあった。発情はどうなったのか。もう大丈夫なのだろうか……ドキドキしながら目を合わせる。

するとヴィクトルが、またしても目を僅かに細めた。

「ああ、やはり美しいな」

「えっ」

予想もしていなかった言葉に戸惑っていると、手を取られた。

持っていた掃除道具をどかされ、二人の間を遮るものなど何もないと言わんばかりに、ヴィクトルがオフィーリアを引き寄せる。

「君はここで働いているのか? なぜ? 他の女達は城の中のはずだ」

手の甲を撫でながら、頭に鼻先を寄せられた。

まるで匂いを嗅がれているみたいだ。オフィーリアは、彼の吐息が髪をくすぐってきて鼓動がうるさいくらい高鳴った。

「わ、私はお城に上がるほどの身分でもなく……ひゃっ」

ヴィクトルの唇が、オフィーリアの耳元をかすった。

「ああ、この匂い。城の中からも感じていた」

耳の近くで喋らないで欲しい。

低い声にぞくぞくした。吐息だけで背筋は甘く痺れて、もはや彼から漂う甘ったるい雰囲気は気のせいなどではない。

「名前を知りたい。君の名は?」

「あ、ぅ。私はオフィーリア……んっ……アンリルと申します」

「私の声だけで、感じてる?」

そう言ったヴィクトルが、不意にふっと吐息をふきかけてきた。

「んんっ」

オフィーリアは、取られた手をきゅっと握り返してしまった。

咄嗟にスカートの中で力を入れたものの、足の付け根がしっとりと濡れてしまったのを感じて頬を染めた。

つい昨日、覚えたばかりの快感のせいなの?

羞恥に震えて俯いた時、ヴィクトルの声が聞こえた。

「安心するといい。気持ちがいいのは、運命の人だからだ」

「運命……?」

オフィーリアは、顔を上げた。

「私も、君の声に感じている」

見つめ合ってすぐ、ヴィクトルに抱き寄せられた。ぴたりと密着したオフィーリアは、固いモノが触れたことに気付く。

「あっ」

主張し始めているソコに、ヴィクトルが男として興奮しているのだと分かった。

抱き締められている状況が猛烈に恥ずかしくなってきた。思わず身をよじったら、両腕で閉じ込められてしまった。

「君の名前を知って、いよいよ痛いくらいだ」

興奮が煽られたのか、ヴィクトルが擦りつけてくる。

まだ強い発情状態らしい。オフィーリアは体が強張ったが、小さくいやらしい動きをする彼の腰に妙な気持ちが込み上げた。

下腹部がきゅっとして、秘所の疼きを覚えた。

昨日、そうやって奥まで貫かれたのを思い出したせい?

戸惑っていると、彼の尻尾がするりと尻を包み込んできた。優しく撫でるように動かされてぞくぞくしてしまう。

「ふ、ぅ……っ、陛下、いけません」

感じてしまうからやめて欲しい。そう続けたかったのに、巻きついてきた尻尾が尻の膨らみの下をあやしく撫でてきた。

オフィーリアの体が、ぴくんっとはねる。

「んっ」

つい彼の服を掴んで悶えてしまった。尻尾に軽く撫でられただけなのに、体の奥がぞくぞくと疼いてくる。

「怖がることはない。番の反応だ」

「つ、つがい……?」

「触れ合うだけで感じる」

よく分からない。そう思って目を戻したオフィーリアは、ハッとした。

ヴィクトルが、昨日と同じあの熱のこもった目で見据えていた。けれど理性も残されており、それが魅力的な輝きとなって彼女を惹きつけた。

「今すぐ君を抱きたい」

ドキドキしていると、ヴィクトルがオフィーリアのこぼれた髪を、指ですくい上げて唇を押しつけた。

「一つになりたいんだ」

そのまま木の下へと誘われる。

オフィーリアの足は、戸惑いながらも背を抱く彼の腕に従っていた。もう一度繋がるなんてだめだと思うのに、けれど獅子王に望まれれば断ってはいけなくて……。

理性と欲情とが、初心なオフィーリアの中でせめぎ合っている。

その間にも、建物との間にできた木陰まで来たヴィクトルが、木を背に座り込んだ。

「おいで」

目元に笑みを浮かべて、穏やかな低い声が甘く呼ぶ。

その声に呼ばれれば、もう抗えなかった。発情期特有のものなのか、熱い眼差しがオフィーリアの胸を不思議な温度で高鳴らせた。

 

〈第四話へ続く〉

異種婚秘密のベビー~メイドは獅子王に見初められ、溺愛される~【第四話配信】

関連記事一覧
Related Post