イケメン作家先生との偶然で必然なHな関係【第三話配信】

【第三話】

著作:葉月ぱん イラスト:南香かをり

 

真っ白なシーツの上に、髪を散らすようにして横たえられた。

ディナーデートの帰り。ホテルに直行した智花と一心は、いつものように身体を重ねる。

――水族館デートから、約半月が経った。

一糸まとわぬ姿でベッドに寝転ぶのなんていつ振りだろうか。小さなころ、お風呂上りで布団にもぐり、直接感じる寝具の柔らかさに驚愕し、そのまま寝て風邪を引いた以来かもしれない。

あのころは何も考えていなかったな、としみじみ大人になった自分を振り返る。

「あ……っ」

それも余裕があれば、だろう。

白雪のような肌が赤みを含んで、口づけを受け入れる。二の腕から鎖骨にかけ、細い首筋へと真紅の薔薇が散らされるたび、自分のものじゃない声が溢れる。

「明日も、その……仕事、だから」

「じゃあ見えないところに」

「ん……んぅ」

舌を使ってくすぐって、鎖骨から乳房へと口づけていく。

桜色になった乳頭を捏ねるように上から押さえつけ、左右に振る。固さを確認し、つねって伸ばし、ゆっくりと舐る。玩具で遊ぶようにして簡単に弄ばれる智花は、すがりつくようにシーツを握りしめる。

枕を掴み、乱れた彼の頭髪を撫で、ピリピリと伝わる快感に歯を食いしばる。

閉じようとしても開く足はそのままに、智花は口で呼吸を始めた。はあ、はあ……荒くなる呼吸は、一心を呼び寄せる。円を描くように乳房を揉みこみながら、彼は智花の唇を食む。充血して、ぷっくりとした艶のある唇を舌でなぞり、歯を当て、吸い込む。

歯茎の外側を撫でて侵入する舌は、自然と受け入れてしまう口腔によって、歯列を越えて唾液を交換する。舌を重ねて、絡めて、時には吸ってしごき入れる。

双丘にやっていた彼の手はシーツを掴む智花の指を恋人繋ぎのようにして絡め取る。両手とも自由を奪われたら、繁みをノックする何かが顔を出す。

「待っ……」

「僕がいつ待てたと思う?」

耳たぶを食む甘い吐息に力が抜けた。

痙攣するようにぴくっと腰が揺れ、自ら蜜洞へと導いてしまう。上下に腰を動かし、濃厚に舌を絡ませながら、彼の熱塊の在処を探る。じれったそうに「ここだよ」と蜜洞の脇をノックされ、智花は喘いだ。

「いじ……わる……ぅっ」

「それは智花が悪いんだよ」

ベッドに入る時だけ、名前で呼ばれる。

きゅん、と胸が弾み、腰が深く沈む。お腹を空かせたように、茂みから垂れた涎はシーツに染みを作る。糸を延ばして垂れていく蜜は、いやらしい香りをふりまく。頭がおかしくなりそうだった。

「ねえ……一心……っ」

吐息を呑んで、智花は哀願する。

耐えられないとばかりに彼の腰に自らを押しつけ、灼熱を臀部の谷間に捕らえる。

「挿れ、て……?」

「いいよ。智花は好きだね」

「うん……うんっ」

頬を染め、繋いだ両手を握りしめ、智花は頷く。

「じゃあ、挿れるよ。力を抜いて」

言われた通り、力を抜くために息を吐き出す。

じゅくじゅくになった肉襞は、彼を求めている。初めて彼を知った夜を思い返し、胎を刺す灼熱に好奇の声を上げる。

「すご……っ、一心……んんっ!」

ゆっくりと身体の中に一心が入ってくるのがわかる。

喜ぶように腰が痙攣する。

淫らになってしまった。彼色に染められてしまった。

産声を上げた夜、苦悶が恍惚に変わっていったのを憶えている。

「かわいいよ、智花。ああ、こんなことなら……」

続く言葉はなく、抽送に専念する一心。

聞きたかった。けれども、逢瀬に言葉なんて要らないだろう。

快楽を貪るために、男と女が身体を交えるだけ。それ以上になにが必要だろう。

「あ、あぁあ……っ!」

智花は頂きへと駆けのぼっていく。

熱を上げた剛直が、押し拡げる膣の中でさらに膨張する。

なにもかもを呑み込む傍流を待ち望み、彼に合わせて智花も腰を打ちつけた。

「エッチだね、智花」

そんなことはない。

でも、エッチになってしまったというのなら、一心が悪い。

「それは、っ……いや……?」

溢れる蜜を掻き出す勢いに、瞳が潤む。見上げる彼は、少しだけ驚いた表情を浮かべ、首を振る。

「むしろ、好きかな」

「よかっ、たぁ……ぅ!」

小さな絶頂が襲い、頭が真っ白になる。

波立つ快楽に、緩んだ口の端から唾液が垂れた。舌で掬い取る一心は、求める唇に応えるようにして、智花に口づけを施す。舌が交じる。唇が吸われ、共有するように吐息が奪われ、苦しくなると同時におのずと蜜洞の締まりが増す。

ああ。さらに膨張している。

「智花……もうっ」

「きてっ、うん……いぁ、ああ!」

同時に果てようと、智花はさらに膣を締め上げた。力の入らない下半身を彼に巻きつけ、彼の熱を最奥に受け止める。

「い、……く――――ぅッ!?」

唇を塞がれ、声にならない嬌声を上げる智花。

痙攣する身体を貫くように噴き上がる白濁の灼熱に、脳が焼かれる。真っ白になる思考、明滅する視界、肌を焦がす快楽の余韻が、言語能力まで失わせる。

力の入らない身体から、彼が引き抜かれる。

蜜に混ざることなく、炸裂した白濁はコンドームの竿先を膨らませていた。

発情期の獣のように荒い吐息で、四つん這いになる一心は、使い終わったコンドームを引き抜く――そして、新たなゴムの袋を開けた。

「次は……?」

真っ白な頭で、いつも聞いた声に反応する。

頷き返し、細くて白い太ももを惜しげもなく広げ、濡れそぼつ繁みを披露する。

一度じゃ終わらないのはわかっている。二度、三度……いつ終わるのかなんて、数えたことがなかった。

それでも。

「愛してるよ、智花」

言葉と共に唇に落ちる口づけに、智花は笑みを灯す。

週一のデートのたび、快楽に溺れるぐらいは許してほしい。

「わたしも、大好き……一心」

「ああ……」

ベッドの上で愛を囁くたび、悲しそうに笑う彼の顔を忘れるために。

 

〈つづく〉

 

※第四話①を読まれる方は下記をクリックしてください。

イケメン作家先生との偶然で必然なHな関係【第四話①配信】

関連記事一覧
Related Post